人気ブログランキング |

子育てdairy


皆さんの子育てに関するドキュメンタリーをお届けします
by kosodatey
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳

<   2008年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

仕事と家庭

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 
. :   ☆ 。.  コ┃ソ┃ダ┃ テ┃ク┃ ラ┃ブ┃
。.: *▲▲* : ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
  *★▲★*:  
: :*▲▲▲▲*  「仕事と家庭」 
 ~~~∥~~~  http://kosodatey.exblog.jp/
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.34 ━━━━━━━━┛

私は、20年間、
仕事一筋で生きてきました。

家族を省みず
子供を省みず
朝から晩まで仕事に明け暮れていました。

家族が嫌いだった訳ではありません。

ただ自分が稼ぎ、家族に楽をさせてあげることが
父親の務めであり、愛情だと思っていたからです。

子育てに関しては、妻に任せっきりで
おむつを替えたことも
お風呂に入れてあげたことも、ありませんでした。

そのためか、子供の反抗期には、
物凄い反発にあいました。

子供たちからは、
「お父さんは、何も分かってない」

と、よく言われましたが、
そんな状況を、私も、ある程度は覚悟していました。

仕事を優先し、
いつも家族を二の次としていました。

だから家族から嫌われても仕方がないし
それが、自分の生き方だと思っていました。


しかし娘が20歳を過ぎた時、初めて
娘から私の携帯に電話がかかってきたことがありました。

家族の携帯番号は知っていても、
子供たちから、私に電話がかかってくることは
それまで、一度もありませんでした。

何かよっぽどのことがあったのかと思い、
不安に思いながら話を聞くと
就職が決まった、という話でした。

短い会話の後、「おめでとう」と言って
平然を装いながら電話を切りましたが、
その話をわざわざ私に直接、連絡をくれたことは
本当に嬉しくて、涙が出ました。

その時、子供は自分のことを恨んでいない、
ということを知りました。
ずっと一線を引いていたのは、私の方でした。

でも子供は、どうして
こんな私を恨んでいなかったのでしょうか。


子供が私に対し、どんなにか多くの不満を持っていた時、
妻は子供と一緒になって、私の悪口を言うのではなく、

「お父さんのお陰で、今の生活ができるのよ。今のあなたたちがいるのよ。」

ということを、いつも言っていてくれたからでした。


反抗期には、その言葉は理解されませんでしたが
子供たちが大きくなった今、彼らは私の事を認め、
彼らの方から私たち親子の、関係修復を図ってくれています。


仕事ともいいですが、家族には、
仕事と比べられない大切なものがありました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


お読み頂きありがとうございます。

下記をクリックするとブログの人気度ランキングがあがるので
1日1回クリックをしていただけると有難いです。


by kosodatey | 2008-02-14 17:39

生まれてこない命

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 
. :   ☆ 。.  コ┃ソ┃ダ┃ テ┃ク┃ ラ┃ブ┃
。.: *▲▲* : ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
  *★▲★*:  
: :*▲▲▲▲*  「生まれてこない命」 
 ~~~∥~~~  http://kosodatey.exblog.jp/
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.34 ━━━━━━━━┛


今、1歳になる息子がいますが
子供って本当にかわいいと、毎日思います。


4年前、初めての子を身ごもった時
その喜びも束の間、5ヶ月の時に流産しました。

下腹につっぱるような感じがして、痛みもあったので、
すぐに病院で検査をしてもらうと、流産という結果が出ました。

最初に聞いた時は、物凄いショックでした。

子供ができて、とても喜んでいた旦那には、
一体なんて言ったらいいのか、見当すらつきませんでした。


流産について、調べてみると
意外と流産の経験がある方が多いことを知りました。

流産は、親にとっては悲しいことですが、
皆その経験を乗り越えているんだなと思いました。


しかし、やはり流産したという事実に大きな戸惑いがあり
放心している私を見かねて、お医者さんは

「この世の中には、生まれてくる命と
 生まれてこない命があるんですよ。」

と教えてくれました。


最初の子供は、生まれてこない命ではあったけれど、
一つの命として認められていると思うと
すこし、心の支えになりました。

しかしながら、
「もしも、その子が生まれていたら、今年は3歳になるな」

と、見ることのない子供の齢を毎年、数えています。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


お読み頂きありがとうございます。

下記をクリックするとブログの人気度ランキングがあがるので
1日1回クリックをしていただけると有難いです。


by kosodatey | 2008-02-14 16:34

男の子はいたずら好き?

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 
. :   ☆ 。.  コ┃ソ┃ダ┃ テ┃ク┃ ラ┃ブ┃
。.: *▲▲* : ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
  *★▲★*:  
: :*▲▲▲▲*  「男の子はいたずら好き?」 
 ~~~∥~~~  http://kosodatey.exblog.jp/
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.33 ━━━━━━━━┛

うちの息子は、
とっても、やんちゃ坊主です。

目を離すと何をするか分からなくて
いつも、追い掛け回すのに本当に苦労しています。


2歳になる前、公園に連れていき
よく遊ばせていました。

少し距離を保ちながら見ていると、息子は、
よく同い年くらいの子供を見つけると、
その子の前に立ちはだかります。

「何をするのかな?」と見ていると、
いきなり相手の子を両手でついて、押し倒すのです。

始めは、慌てて飛んで行き、
「何するの!」と息子に言っては、
泣いている相手の子供とその子のお母さんに謝ってばかりでした。

何回か続くと、最初から息子の腕を掴んで
阻止しましたが、あれは、何だったのだろうと
今でも不思議です。

3歳になった今、やんちゃぶりも
更に増しています。

トイレに行って、なかなか帰って来ないと思って
見に行くと、トイレットペーパーを永遠に巻きながら
一人楽しそうでした。

石油ストーブから異臭がすると思うと、
息子が箸を詰め込んでいました。

こんなのまだ序の口で、おばあちゃんの家に遊びに行った時のこと。
おばあちゃんから庭の犬に水をあげて、と頼まれると
「わかった」と外に飛び出して行きました。

4回ほど水を汲みに帰ってきた息子を見て
不審に思ったおばあちゃんが後をついていくと

息子は犬の目の前で、水を捨て
舌を出しながら、水をほしそうにしている犬を何度も見て、
ケタケタ笑っていたそうです。

もちろん、おばあちゃんに見つかり、叱られていました。


ある時は、漫画の影響か何なのか、
包丁を旦那に突きつけたことがあります。

本人は冗談のつもりだったのでしょうが、
これは、本当に旦那から怒られていました。


上のお姉ちゃんは、息子のようないたずらを全くしなかったので、
やっぱり男の子って、こんなにいたずら好きなものなのかと
思います。

当分、彼からは目が離せなそうです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


お読み頂きありがとうございます。

下記をクリックするとブログの人気度ランキングがあがるので
1日1回クリックをしていただけると有難いです。


by kosodatey | 2008-02-14 15:34

将来の夢

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 
. :   ☆ 。.  コ┃ソ┃ダ┃ テ┃ク┃ ラ┃ブ┃
。.: *▲▲* : ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
  *★▲★*:  
: :*▲▲▲▲*  「将来の夢」 
 ~~~∥~~~  http://kosodatey.exblog.jp/
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.32 ━━━━━━━━┛

二人目の赤ん坊を授かり、妊娠7ヶ月の頃です。

気分が優れず、一日中寝込んでいた日がありました。

4歳の娘の可奈は、とても心配して
「ママ、どうしたの?痛いの?」

と私の近くに来て
「これ、飲めば良くなるかも。」
と正露丸を渡してきたことがあります。

私は、少し笑いそうになりながら
「このお薬は、今のママには、効かないのよ。」
と言うと、

「じゃあ、ママに効くお薬を買ってくるから、教えて。」

と、まだ一人で買い物に行った事もなく、いつも私の後ろに
くっついて歩いていた娘が言い出したのには、少し驚きました。


お腹の子供の事もあり、私は薬を飲む気はなかったので、
「ママ、今お腹に赤ちゃんがいるでしょう。お薬を飲むと、
 赤ちゃんに良くないから、痛いけど、飲めないのよ。」

と、娘に説明しました。

すると、少し黙ったあとで
「じゃあ、可奈、大きくなったら、お薬つくる人になる。
 赤ちゃんにも大丈夫なお薬作ったら、みんな飲めるでしょ。」

と言ってくれ、とても嬉しく思いました。


それまで、娘の将来の夢はずっと、
「ケーキ屋さんになりたい。自分でケーキ食べれるから。」

と言っていたのですが、いつの間にやら、
相手のことも考えられるようになっていたことが
また嬉しかったです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


お読み頂きありがとうございます。

下記をクリックするとブログの人気度ランキングがあがるので
1日1回クリックをしていただけると有難いです。


by kosodatey | 2008-02-14 14:50

ことばって難しい!

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 
. :   ☆ 。.  コ┃ソ┃ダ┃ テ┃ク┃ ラ┃ブ┃
。.: *▲▲* : ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
  *★▲★*:  
: :*▲▲▲▲*  「ことばって難しい!」 
 ~~~∥~~~  http://kosodatey.exblog.jp/
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.31 ━━━━━━━━┛

娘には学校に入るまで、言葉について、
特別に教えていませんでした。
学校に行けば、どうせ覚えると思っていたからです。

その為、言葉の覚えは、同い年の子に比べて遅く、
小学校に入るまで、のばす棒“ー”を読めませんでした。

それでもひらがな、カタカナを覚えた時は、嬉しそうに
車の中から外を見て、「スパバゲン」と言っているので、
何を見ているのかと思うと、それは「スーパーバーゲン」でした。

私と旦那は、一生懸命な娘を見て
笑いを堪えながら、のばす棒の読み方を教えたものです。


小学校に入り、娘は更に多くの言葉を覚え始め、
また多くの言葉を使えるようになりましたが、まだまだ難しい言葉が
たくさんあるようです。

お友達のママから聞いた話ですが、
娘が、さやかちゃんというお友達の家に
遊びに行った時のことです。

二人は始め、仲良くお人形遊びをしていましたが、
途中、一つのお人形をめぐって、取り合いになったそうです。

さやかちゃんが娘に
「あんた、けんか売ってるの?」

と言ったのに対し、娘は
「なに意味不明なこと言ってんの?
 けんかなんか売ったって、商売にならないよ。」

と勝ち誇ったように答えたそうです。

二人の喧嘩を止めようとした、さやかちゃんのママも
思わず噴出してしまったと言っていました。


また、L社の企業買収に関するニュースがよく取り上げられていた頃のこと、
私は旦那と、そのニュースについて話していました。

すると、聞いたことのあるニュースと分かって
娘が話しに参加してきました。

「私も知ってるよ。L社がO社を売春したんでしょ。」


私も、旦那もお腹をかかえて笑いましたが、
娘は「なんで笑うの?」と不思議そうでした。

最近は、「知るは一時の恥、知らぬは一生の恥」
という言葉を覚えて使い、間違えを笑われても全く堪えずに
たくましく言葉の勉強をしています。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


お読み頂きありがとうございます。

下記をクリックするとブログの人気度ランキングがあがるので
1日1回クリックをしていただけると有難いです。


by kosodatey | 2008-02-12 20:42

娘は誰に似た?

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 
. :   ☆ 。.  コ┃ソ┃ダ┃ テ┃ク┃ ラ┃ブ┃
。.: *▲▲* : ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
  *★▲★*:  
: :*▲▲▲▲*  「娘は誰に似た?」 
 ~~~∥~~~  http://kosodatey.exblog.jp/
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.30 ━━━━━━━━┛

曖里を生んで
自宅で休養していた時のことです。

初孫とあって、私の母は、
もう曖里にべったりです。

母は、よく父を一人実家に残して、
私たち夫婦のところに手伝いに来てくれていました。

ミルクから、オムツ変えから、
赤ん坊の扱いには、やはり手馴れたものです。

初めての子供で戸惑う私たちを
母は、色々な面でサポートしてくれていました。


母は、曖里の体を蒸しタオルで拭いた後、洋服を着せながら、
「曖里は本当にべっぴんさんだねぇ。大きくなったら、
 おばあちゃんに負けない くらいいい女になるよ。」

と、いつもながら、娘をを褒めちぎっていました。

しかし、娘の鼻を見ながら、

「けれど、この子の鼻は、なんだかつぶれているみたいな
 形をしているねぇ。誰に似たのかしら。」

とつぶやいていた時、
近くに座っていた旦那の顔にふと目をやり、

「あらやだ、パパの鼻そっくり!」

と一言。


昔からそうでしたが、もう少し考えながら、
言葉を発してもらいたいものです。

パパは、後で私に
「俺の鼻ってつぶれてる?」と、寂しそうに聞いてきました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


お読み頂きありがとうございます。

下記をクリックするとブログの人気度ランキングがあがるので
1日1回クリックをしていただけると有難いです。


by kosodatey | 2008-02-12 19:57

「お母さんてどんな人?」

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 
. :   ☆ 。.  コ┃ソ┃ダ┃ テ┃ク┃ ラ┃ブ┃
。.: *▲▲* : ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
  *★▲★*:  
: :*▲▲▲▲*  「お母さんてどんな人?」 
 ~~~∥~~~  http://kosodatey.exblog.jp/
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.29 ━━━━━━━━┛

母の日の前、娘の幼稚園で
「○○ちゃんのお母さんについて、教えて!」
なる企画がありました。

お母さんについて、幼稚園の先生がそれぞれの子供たちに質問し、
子供が答えたことをカードにして、
母の日にプレゼントするというものでした。

そして母の日、4歳の娘は幼稚園で作成した
「お母さんカード」を持ってきて私にくれました。

カードはとても手が込んでいて、可愛らしく作られていました。
中をみると、いくつかの質問と、それに対する娘の答えがありました。


*・--※--・**・--※--・**・--※--・**・--※--・**・--※--・*

Q. お母さんの料理で一番好きなものは何?
娘の答: プチトマト

Q. お母さんてどんな人?
娘の答: あんまり遊んでくれない。よく怒る。
      お父さんの方が遊んでくれる。お父さんの方が優しい。

Q. お母さんの最近のエピソードを聞かせて
娘の答: 近所のおばさん、中沢さんていう人と喧嘩してた。
       あとは家でごろごろしてる。

*・--※--・**・--※--・**・--※--・**・--※--・**・--※--・*


カードを見て、何とも言えない気持ちになりました。


料理なんか、毎日手作りで色々な物を食べさせているのに
もっと、他のものがあるでしょう、

人並みに遊びに連れて行ってあげてるし、
毎晩、本を読んで聞かせてあげてるにも関わらず
遊んでくれないとは、どうゆう事なのか、

近所のおばさんと喧嘩したのは、娘の悪口を言われたからであって
理由もなくやった訳ではないし、
昼間は働いていて娘がいる時は、家にいるようにしているのに、、


わが子には、こんな風に自分が映っているのかと
正直、複雑でした。

それに、次に幼稚園の先生に会うのが、
少し恥ずかしくなりました。


しかし、悪びれた様子もなく
すやすやと眠る娘の寝顔を見ると、
まぁいいか、とも思いました。

娘も、自分が母親になれば、この気持ちが分かる時が来るのでしょう。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


お読み頂きありがとうございます。

下記をクリックするとブログの人気度ランキングがあがるので
1日1回クリックをしていただけると有難いです。


by kosodatey | 2008-02-12 19:35

兄弟の絆

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 
. :   ☆ 。.  コ┃ソ┃ダ┃ テ┃ク┃ ラ┃ブ┃
。.: *▲▲* : ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
  *★▲★*:  
: :*▲▲▲▲*  「兄弟の絆」 
 ~~~∥~~~  http://kosodatey.exblog.jp/
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.28 ━━━━━━━━┛

うちの子供は
喧嘩盛りの小学6年生の息子と小学4年生の娘です。
最近、特に喧嘩が多くなっています。

こないだもテレビのリモコンの取り合いで
大喧嘩になりました。

始めは言い合っているだけでしたが、やがて
取っ組み合いになったところで、私が怒鳴り、
なんとか静止しました。

娘の美和は、「お兄ちゃんが世界で一番嫌い。」と言うし、

息子の和樹も「あいつ、生意気だよ。」と言います。


小さい頃はよく一緒に遊んでいたのに、
どうしてこんなに仲が悪くなってしまったのだろうと
少し心配していました。


そんな時、息子の学校の先生から

「和樹くんが、浩美ちゃんを泣かせたんです。
 理由を言わないのですが、何かご存知ですか?」

と、電話がありました。

泣かせた相手は、私もよく知っている近所の女の子でした。

和樹に、どうしてそんなことをしたのかと聞くと、

「こないだ、美和をいじめてたんだよ。だから、
 今度、妹に何かしたら覚えてろって言っただけだよ。」

と言っていました。


また娘は娘で、学校から帰ってきて
「愛ちゃん、嫌い。」

と、クラスメイトの悪口を言っていたので、「なんで?」と聞くと、

「“美和ちゃんのお兄ちゃんみたいなお兄ちゃん、やだ”って
 言われた。」

と。

お兄ちゃんは、妹をいじめていいのは自分だけ
妹もお兄ちゃんの悪口を言っていいのは、自分だけ
という感じです。

仲が良いのか、悪いのか
おかしな兄弟の絆を感じました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


お読み頂きありがとうございます。

下記をクリックするとブログの人気度ランキングがあがるので
1日1回クリックをしていただけると有難いです。


by kosodatey | 2008-02-05 20:17

ゴミ置き場は宝の山

大人にとっては、何の価値もないように見えるものでも、
子供にとっては、宝物のように映るものがあります。

しかし、子供の価値観もいつかは、良くも悪くも、
大人の感性に近づいていくものです。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 
. :   ☆ 。.  コ┃ソ┃ダ┃ テ┃ク┃ ラ┃ブ┃
。.: *▲▲* : ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
  *★▲★*:  
: :*▲▲▲▲*  「ゴミ置き場は宝の山」 
 ~~~∥~~~  http://kosodatey.exblog.jp/
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.27 ━━━━━━━━┛

5歳になる息子は、昔からゴミ置き場を拠点に、その他各地から、
ありとあらゆる物を拾ってきます。

ダンボールや発泡スチロール、壊れた製品から、廃材まで
色々なものがあります。しかし、やはり大きくなるにつれ、
拾ってくるものも変わってくるようです。


息子が、3歳の時、
玄関に鳥の羽がたくさん置いてありました。

「何これ?捨てていいの?」
と鳥の羽を取ると、

「だめ!!集めてるの!」
と羽を奪い返しに来て、

「集めて、空を飛ぶんだ」
と、嬉しそうに言っていました。

息子が、羽を忘れた頃、そっと捨てましたが、
小さい子は夢があっていいなと思ったものです。


4歳の時は、1歳半のサトコという妹がいるのですが、
車輪の壊れたベビーカーを拾ってきて、

「これ、さっちゃんに使えるよ。」

と本気で言いました。

拾ってきたベビーカーは到底
使い物にはなりませんでしたが
妹想いのいいお兄ちゃんだなと、嬉しくなりました。


5歳になった時、拾ってきたものは、
本当に驚かされました。

ゴミと間違えて
新品の自転車を持って来たのです。

目を輝かせながら
「お母さん、見て!自転車拾ってきた!」というので見ると、
明らかに捨てたものではなく、新品の自転車でした。

これには、さすがに驚き、
どこから持ってきたの!と聞くと

「公園の入り口に捨ててあった。」というのです。

話を聞けば、1ヶ月近く放置させていた自転車らしく、
息子は毎日、遊びながら、その自転車を気にしていたそうです。

そこで、今回のタイミングで、
「あ、捨ててあるんだ。」と思い、拾ってきたようでした。

しかし、これは明らかに捨ててあるのではないと思ったので、
息子と一緒にもとの場所に戻しにいきました。

「捨ててあるんだよ。なんで戻さないとだめなの。」

と息子は不満げでしたが、
返させました。


息子の拾い癖には、毎年、色々な意味で驚かされています。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


お読み頂きありがとうございます。

下記をクリックするとブログの人気度ランキングがあがるので
1日1回クリックをしていただけると有難いです。


by kosodatey | 2008-02-01 10:44

子供に生まれて

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 
. :   ☆ 。.  コ┃ソ┃ダ┃ テ┃ク┃ ラ┃ブ┃
。.: *▲▲* : ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
  *★▲★*:  
: :*▲▲▲▲*  「子供に生まれて」 
 ~~~∥~~~  http://kosodatey.exblog.jp/
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.26 ━━━━━━━━┛

こないだ、右足の親指の付け根に、激痛が走った。
その痛みは徐々に悪化していた。

私の持病である痛風が、再発したのだ。

トイレに行くことすら、困難で、
身の回りのことは、全て妻が世話をしてくれていた。
それでも時折、家の中だけは、なんとか移動していた。


その日、5才になる娘の友達が、家に遊びに来ていた。

私はトイレに行く途中で、柱づたいに、
足を引きずりながら、その道のりを行っていた。

そこに遭遇した娘の友達は、
私をまじまじと見つめて、

「加奈子ちゃんのおじちゃん、足どうしたの?」

と聞いてきたので、

「おじちゃんは、お酒を飲みすぎて、痛風という病気に
なってしまったんだよ。」

と教えてあげた。


すると、娘のお友達は、
「私は、お酒を飲まないから、その病気にはならない?」と聞くので、私は
「子供は痛風にはならないよ。」
というと、その女の子は、

「子供に生まれてきて、良かったぁ~。」

と真剣に言っていた。


他人の子でも、子供とは、純粋で本当にかわいいものだと
思いました。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


お読み頂きありがとうございます。

下記をクリックするとブログの人気度ランキングがあがるので
1日1回クリックをしていただけると有難いです。


by kosodatey | 2008-02-01 09:53


最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
子供を伸ばす子育て,教育..
from 子供を伸ばす子育て,教育の名言
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧