人気ブログランキング |

子育てdairy


皆さんの子育てに関するドキュメンタリーをお届けします
by kosodatey
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳

<   2008年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

それぞれの幸福感

年頃の子供を持つ親の離婚は、非常に影響力のあるものです。

今回は、男の子からお父さんへと成長していった
ある男性のお話です。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 
. :   ☆ 。.  コ┃ソ┃ダ┃ テ┃ク┃ ラ┃ブ┃
。.: *▲▲* : ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
  *★▲★*:  
: :*▲▲▲▲*  「それぞれの幸福感」 
 ~~~∥~~~  http://kosodatey.exblog.jp/
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.25 ━━━━━━━━┛


高校生の頃、
両親が離婚した。

たまに喧嘩はしていたが、
そんなに激しいぶつかり合いはなかったので、
そこまで関係が悪化しているとは、思ってもみなかった。

僕は父親に引き取られることになったので、
苗字は変わらず、まわりに気付かれることは
なかった。


親から離婚を告げられた時は、
「あぁ、そうなの。」と軽く受け流したが、内心驚いた。

平然を装っていたつもりだったが、
本当は、自分でも気付かないところで
親の離婚は、僕にとって大きい影響があったと思う。

だから、僕の夢は高校生の頃から
「幸せな家庭を築くこと」
だった。

本当にそれだけだった。
お金持ちになりたい欲もなく、
出世欲もなかった。

ただ幸せな家庭があり、普通の生活ができれば、
十分だと考えていた。


卒業式の打ち上げの時、女の子に将来の夢を聞かれて、
「夢は、幸せな家庭を築くことかな。他はない。」

と言ったら、

「向上心がないね、高田くんて。
 そうゆう人は、魅力がないよ」

と言われた。


皆それぞれ幸福感が違うんだから、別に俺は俺でいいだろ。

と、軽く口論になったことがある。

社会に対して向上心のある人は、それはそれで尊敬している。
しかし僕は僕で、家庭を第一にする、という自分の考えに誇りを持っていた。


今、結婚して3年目になるが、妻は子供をもうすぐ出産予定で、
平凡だけど、幸せな毎日を過ごしている。

勤めている会社ではそれなりのポストも与えられ、
仕事は充実しているが、やはり僕にとって、
家族に勝るものはない、と思っている。

両親の離婚は、僕には喜ばしい事ではなかったけど、
それがきっかけで、自分をより今の家庭に結びつけて
いるのは、事実だ。


そのお陰で、今の自分が幸せなのだと
思えるようになった。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


お読み頂きありがとうございます。

下記をクリックするとブログの人気度ランキングがあがるので
1日1回クリックをしていただけると有難いです。


by kosodatey | 2008-01-31 17:26

「初めて、期待された」

子育てに奮闘している時は、見えなかったことも、
子供が巣立ってから、見えるようになることは意外とあるのではないでしょうか?

今日は、そんなお話です。

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 
. :   ☆ 。.  コ┃ソ┃ダ┃ テ┃ク┃ ラ┃ブ┃
。.: *▲▲* : ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
  *★▲★*:  
: :*▲▲▲▲*  「初めて、期待された」 
 ~~~∥~~~  http://kosodatey.exblog.jp/
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.24 ━━━━━━━━┛


私には、二人の娘がいますが、
両方とも自立し、家を出ました。


自分で言うのも何ですが、
上の娘、麻里は、お嬢様として育てたつもりです。

月曜から金曜まで、学校の後は
ピアノからお習字、水泳、そろばん、くもん
と大人顔負けの多忙な日々を過ごさせました。

我が家の希望は、彼女にかかっていました。

他の子供より、いい服を着せて、
教養を身につけさせ、いい大学へ進学し、
将来は、いい人に貰ってもらえればいい
そんな想いから、彼女を育てたように思います。

しかし、高校生の頃、激しい反抗期を経て、
結局、大学へは進学しませんでした。

今は外国と日本の往復を繰り返しています。


下の子供、由梨は先日、結婚しました。

彼女の事は、上のお姉ちゃんほど、教育熱心には育てませんでした。
というのも、我が家が経済的にそこまで
余裕がなかったからです。


由梨は今、花屋で働いています。

彼女が花屋の仕事を始めたのは、高校生の時でした。
店舗を変えながらも、花に携わる仕事に就いて、
かれこれ7年程になります。

花屋の責任者を任させれるようになってからは、
毎晩遅くまで働いては、朝早くに出て行き、一日中働き
週末もろくに休みが取れない。そんな毎日が、何年も続いています。

この子は、こんなに花が好きだったんだ、
今までは全く気付かなかった、
ずっと、そんな風に思っていました。


しかし、こないだ、娘がそこまで頑張る本当の理由を聞きました。


「初めて、親から期待されたから。」


上の娘が、「どうしてそんなに働くの?」と聞いたら、そう答えたそうです。


確かに、娘が花屋で責任ある地位を貰ったとき、
私と夫はとても喜びました。
家に持って帰ってくる花の活け方が日に日に上達していくのが、
手に取るように分かり、とても褒めたものです。

それは、娘が20歳を過ぎた後だったと思います。

しかしそのことが、彼女にとって、それほどまで嬉しかったなんて、
毎日四六時中働く原動力は、「初めて、親から期待されたから」
だったなんて、夢にも思いませんでした。

今まで、長女という事もあり、姉ばかりを気に留めていたこと、
下の子に対し本当に愛情を持って接してあげていたのか、
今更ながら、悔やまれました。

同時に上の子にも、彼女のためと言いながら、
世間体のため、結局は自分の為に子育てをしていたことに
気付き、とても恥ずかしく思いました。

少し遅い子育てになりますが、
これからは、二人の娘を本当に、可愛がってあげたいです。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


お読み頂きありがとうございます。

下記をクリックするとブログの人気度ランキングがあがるので
1日1回クリックをしていただけると有難いです。


by kosodatey | 2008-01-29 20:36


最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
子供を伸ばす子育て,教育..
from 子供を伸ばす子育て,教育の名言
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧