人気ブログランキング |

子育てdairy


皆さんの子育てに関するドキュメンタリーをお届けします
by kosodatey
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳

情熱をもつ

┏━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 
. :   ☆ 。.  コ┃ソ┃ダ┃ テ┃ク┃ ラ┃ブ┃
。.: *▲▲* : ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
  *★▲★*:  
: :*▲▲▲▲*  「情熱をもつ」 
 ~~~∥~~~  http://kosodatey.exblog.jp/
┗━┻━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ Vol.60 ━━━━━━━━┛

家の息子は、いわゆる野球バカです。

朝早く学校へ行き、ランニングと
キャッチボール。

夕方は全体練習、家に帰り夕食後は、
素振りと毎日欠かさず練習していました。

手は、マメが何回も潰れて、タコになっています。

でも、いくら練習してもレギュラー
には慣れませんでした。

練習の時は、玉拾い、外野の守備をしたり
ピッチングの玉を受けたり。

試合は、ベンチで声出し、バット引き、
ランナーコーチとぜんぜん目立ちません、
それでも自分の仕事を一生懸命こなしていました。

2年生の時は、後片付けがなっていないと、
上級生に顔を殴られ青あざをつけて帰って
来たこともあります。

それでも、愚痴1つ言わず、野球をしている
時の息子はとても楽しそうでした。

なぜそこまで熱く慣れたのでしょうか。

先日、私は息子の部屋を掃除していたときの
ことでした、本棚から少しはみ出た紙があり
息子には悪いと思ったのですが、
気になって開けてみました。

それは、小学校6年生のときに
息子が書いた作文でした。

そこには、
『僕の将来の夢は、プロ野球選手になることで、
ホームランを沢山打って、お金を稼いで、
かあちゃんに楽をさせてあげることです。』
という内容が書かれていました。

私は、胸にこみ上げてくるものを感じました。

おそらく息子は毎日見ていたのでしょう、
その作文は手垢で真っ黒になっていました。

あっと言う間に3年生になり、
息子の親友でキャプテンをしていた茂君が
「最後の試合、幸弘を試合に出してください」
と監督に直談判してくれたのです。

それを聞いた息子は、最後の試合を見に来て欲しい
と初めて私にお願いしました。

試合当日、息子はいつものようにベンチで
中腰になり仲間を応援していました。

5対2でリードしていた最終回、
息子は、監督に呼ばれサークルボックスに
入りました。

そして、息子が代打でコールされ最初で最後の
バッターボックスに入りました。

私は、興奮して「幸弘頑張れー」とありったけ
の声で応援しました。

第一級目、見逃しのストライク
第二級目、ファールボール
第三級目、空振り・・・
の三振に終わってしまいました。

でも、息子は満足気にベンチへ帰っていきました。

家に帰り、私は「三振して悔しくなかった。」
と尋ねると、

息子は、「全然、だって毎日の練習は充実して
楽しかったし、三振したけどやることはやったから
悔いは無い」といったのです。

息子は、プロ野球の夢どころか、学校でレギュラーにすら
なれませんでしたが、夢をもって悔いの残らないよう、
充実した毎日を過ごしその過程を楽しんだのだと思います。

私は、情熱を持って物事に取り組む息子を見て
嬉しく思う反面、羨ましいという気持ち
になりました。

これからいろんな苦難が待ち受けていると
思いますが、難なく乗り越えてくれると
安心出来た一日でした。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐


お読み頂きありがとうございます。

下記をクリックするとブログの人気度ランキングがあがるので
1日1回クリックをしていただけると有難いです。


by kosodatey | 2008-06-27 00:04
<< 見ることの出来ないわが子へ 夢 >>


最新のトラックバック
イカー!イーカチュー!!
from イカチュウ
デッケーーーおぱいw
from むろい
うはひゃひゃあぁwww
from うぃぃ
スマター
from けめち
要するに寝てるだけでおk!
from 要旬
子供を伸ばす子育て,教育..
from 子供を伸ばす子育て,教育の名言
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧